経済の基礎知識 銀行の業務を知ろう

給料日なので通帳を記帳しに銀行へいったら大きな額の引き落としにびっくり。今月も苦しくなりそうです

経済の基礎知識 銀行の業務を知ろう

引き落としの確認へ銀行へいった

社会人として働いている人の毎月の幸せといえば給料日ですよね。そんな我が家もつい先日給料日を向かえばばかりなのですが、さっそく通帳を記帳しに銀行のATMへいったところ今月はいつもより多く引き落としされていて残高がとっても少なかったのです。どうして?どういうこと?と通帳とにらめっこしたゆえでわかったことですが、先月はちょっとばかし急な出費が相次いだため、クレジットカードの利用なども含めてかなりの額を使っていたようです。なんだかせっかくの給料日で楽しみにまっていたのに、引き落とし額をみてとっても気持ちが沈んでしまいました。たしかにお金をつかったのは私ですし、使ったお金は消えていくというのはごく自然な流れなのはわかっています。

でも給料日すぐにこの現実を突きつけられると、次の給料日まで心が持ちません。とりあえずはお小遣い分だけ引き出してお財布にいれましたが、今月もなんだか厳しいやりくりをしなければいけなさそうです。もっとお給料が高ければこんな不憫な思いを毎月しなくていいのにと思いますが、文句をいったからといって急に上がるわけもありません。自分でなんとかやりくりしなくてはならないのです。まぁ、まだ借金やローン返済などを抱えているわけではないので、そういう方と比べれば大分マシだとは思いますが、それでもやっぱり残高の少なさはショックです。銀行にいくのは毎月1回だけだというのにこんなに一喜一憂してしまうのはなんともおもしろいものですね。